オルタナライトという反発

先日アメリカ大統領選の2回めの討論会が開かれました。どうもトランプは女性蔑視発言(2005年)の動画を公開され、窮地に陥っているようです。 さて、そんなニュースを追いかけておりますと、オルタナライト(alt-right)という言葉が目に飛び込んできました。 alt-right(オルタナ右翼)とはようするに何なのか(ニューズウィーク) アメリカの現在の思想的潮流というのは、おおよそ3つほどあるようでして、ネオコン(新保守主義)、ペイリオコン(旧保守主義)、リバタリアニズム(自由至上主義)だそうです。しかし見事にどれも「小さな政府」を標榜しておりまして、ネオリベ(新自由主義)が内包されている、と言って差し支えないと思います。(記事によると筆者はその点には触れていないのですけど) そして上記の記事では、アメリカではこれらとは違う選択肢(オルタナティブ)を...

ご支援くださる方はクリック→