財政問題の切り離しこそ問題解決への近道

小池百合子東京都知事がバレーボール、水泳、カヌー・ボートの競技会場建設計画などのオリンピック関連予算の見直しや、築地市場の豊洲移転延期、再検証を決めるなど、東京都政は課題が山積していますが、私は、競技者や観客の快適性、オリンピック後の有効活用、環境・景観の保全などと、財政面の問題がごっちゃになってしまっていることが問題をややこしくしている大きな要因だと思います。


財政面の問題とそれ以外の問題を切り離して考えていくことが問題解決の近道だと思います。多額の血税が使われることに対して都民が抵抗感をもつ気持ちは重々わかりますが、実は血税を使わなくて済む方法はあります。


政府の国債発行を財源にすれば良いのです。そもそも、一般に「国の借金(国債)」と呼ばれるものは、国民の借金(国民が債務者)だと誤解されがちですが、正しくは「政府の借金」であり、政府が国民から借りているお金が「国の借...

ご支援くださる方はクリック→