2018年問題

今日はこんな記事です。 2年後、日本の私立大学はバタバタと潰れはじめる 2018年問題というのは、少子化及び大学進学率の低下から、大学進学者の減少が続いている問題のことだそうです。2018年以降は18歳人口の減少により、さらに加速すると考えられているようです。 記事では「私立はバタバタと潰れていくでしょう」とありますが、国立も危ういところがあるかもしれません。 少子化という観点からすると、大学進学率が低下するのは良いことだと思います。少子化の原因は教育にかかるコストが大きすぎるためです。大学を選択しない人が増えれば、教育にかかるコストが下がることが期待できます。 もちろん、大学に行きたくても行けない人がいるのは不幸なことです。また、大学に行けなかった人がその後の人生が不幸になってしまうようではいけません。 しかし、大学って全ての...

ご支援くださる方はクリック→