TPPの弊害について(2)

本日は、バック・トゥ・ザ、2014でsecretary-of-japan氏が掲載したコラムを再掲したく思います。


人気ブログランキングへ



本日は、「TPPの弊害について(2)」をお伝えします。

農業政策についてという稿を1月(注:2014年の話です。)にやりまして、農業政策についての基本的な差については、お話をすでにしております。ここでは、TPPの影響ということと、少し違った角度から話をしたく思います。

農業政策についての稿でも申し上げましたが、アメリカやオーストラリアで生産する農家、特に日本に輸出をかけてくるクラスの農家は、その農地が900ヘクタールとかの規模になります。日本の超大規模農家で10ヘクタールですから、その大きさは、本当にとんでもない広さになります。

この広大な農地で栽培される作物と、日本が関税なしで競争して勝てるようにするなら、農家...

ご支援くださる方はクリック→