ミクロという狭い檻

我が国が不況期に突入してから、(どんなに短く見積もっても)20年が経過しようとしている。この間、官民を問わず不況の原因や解決策を巡る論争が続いてきた。
論争の中心には、緊縮財政や構造改革・規制緩和を推進する勢力がドンと居座り、金融緩和万能主義のリフレ派がその周囲を固め、積極的な財政金融政策を支持する者は部屋の隅っこで塵芥並みの扱いを受けてきたと言ってよい。だが、一見華やかで熱い論争に首を突っ込んでいるのは一部の人間に過ぎず、そもそも経済や経済政策に関心のない大多数の無関心層は、不況の解決や経済成長自体を諦めているのではないか。この手の輩は、端から経済を難しいもの、自分には関係のないもの、と敬遠しがちで、“日本はもう成長できない、このまま減少社会を粛々と受け容れるしかない”と、早くも白旗を挙げ、“公共事業なんてやってもムダ”、“財政政策を打っても、どうせ、その果実は自分のとこ...

ご支援くださる方はクリック→