1月解散総選挙についての観測

にわかに1月解散総選挙が現実味を帯びてきたようです。いくつかの記事をぐるぐる周り、動画などでも1月解散総選挙について情報を集めた結果、あるんじゃないかなぁ?というが私の素直な感想です。 まずはあるかもしれないなぁ?という論拠をさっと書いて、それに対して我々は何をするべきか?について考えたいと思います。 1)小選挙区制では追い込まれてからの選挙は負けるらしい麻生政権、野田政権ともに解散権をギリギリまで使わず負けましたし、政局としては「勝てるうちに解散を打つ」というのが常套手段だそうです。 2)どうも安倍総理はロシアとの外交に自信を持っている?2島変遷でロシアと外交しているようですけれども、どうもこれが成果が上る可能性が高い、との見方が多いらしいです。この成果が12月中にありそう、との予測が多く、それゆえに1月解散が有利との情勢だそうですが・・・・そんな不確かな相...

ご支援くださる方はクリック→