国家戦略特区での外国人農業人材について

先日に、国家戦略特区諮問会議にて秋田県大潟村の提案で「外国人農業人材解禁」について取り上げました。http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/dai24/haihu1.pdf これが会議の中での配布資料です。4項にあります。 秋田県大潟村の主張は以下のようです。『稲作以外の作付面積を増やしたいが、実際は減少。原因は労働力確保の困難』『単一の作物でなく、多種の作物に総合的に対応できる「専門人材」が必要』が現状認識のようです。<それを踏まえた提案が下記です>◎これらの課題解決のために、「外国人」の受入れと活用。◎ただし、「技能実習」では対応できない、「農業分野の専門人材」の就労を可能に! 噛み砕くと、「様々な作物を収穫できる年間にわたって労働できる人手がほしい」ってだけですよね。疑問が二つあります。①なぜ、い...

ご支援くださる方はクリック→