第15回出生動向基本調査を読む4

国立社会保障・人口問題研究所の第15回出生動向基本調査の概要板を読んでいます。 今日は、「第I部独身者調査の結果概要」の、「4.未婚者の生活と意識」です。 最初にあるのは未婚者の就業状況です。以下抜粋です。 未婚者の就業状況を調べたところ、就業している割合は18~24歳男性で44.8%、女性で50.9%、25~34歳男性で83.6%、女性で87.3%であった。これを正規の職員に限ると、男女ともに18~24歳では30%台、25~34歳では60%前後で推移している。  非正規が結婚しにくい、という意見がありますので、そういう観点からの調査だと思います。数字だけ見ると、非正規職員よりも正規職員の未婚者の割合が大きいです。しかし、調査全体で正規・非正規の割合がどうだったか、という情報がないので、この結果はどう解釈していいかよくわからないです。&nb...

ご支援くださる方はクリック→