「ど根性」経済学の終焉

本日は、うずら様から、「「ど根性」経済学の終焉」というコラムを頂いております!


人気ブログランキングへ


『リフレ派日銀政策批判エコノミストも「金利」重視反発』
(毎日新聞10月12日)

「日銀が先月の金融政策決定会合で、金融政策の枠組みを、銀行などに流すお金の「量」を重視する政策から、「金利」を重視する政策に転換したことに対し、「量」拡大を主張してきた「リフレ派」エコノミストらから批判の声があがっている。(後略)」


異次元金融緩和政策が輝いたのは、2013年4月の「黒田バズーカ砲第1弾」だけでした。
以降、3年半が経過したにも関わらず、景気回復や物価上昇の兆しは一向に現れず、年間80兆円規模の国債買取り、マイナス金利など日銀首脳部が打ち出す手は、すべて空回りばかり。
いまや、黒田バズーカへの期待感は吃水線以下にまで落ち込み、お仲間のリフレの連中から...

ご支援くださる方はクリック→