第15回出生動向基本調査を読む5

国立社会保障・人口問題研究所の第15回出生動向基本調査の概要板を読んでいます。 今日は、「第II部夫婦調査の結果概要」に移りまして、「1.夫妻の結婚過程」です。 まずは、出会い年齢・初婚年齢・交際期間です。 過去5年間に結婚した初婚どうしの夫婦について、夫妻が初めて出会った時の平均年齢は、夫26.3歳、妻24.8歳で、この年齢は年々上昇しています。出会ってから結婚するまでの平均交際期間は4.3年で、これも年々長くなっています。 結果、平均初婚年齢は男性30.7歳と初めて30歳を超えました(2010年は29.8歳)。女性の平均初婚年齢も29.1歳と30歳が目前です(2010年は28.5歳)。 出会いのきっかけは、恋愛結婚が88.7%、見合い結婚が5.5%です。恋愛結婚の割合は調査開始の1935年が13.4%で、以来ずっと上昇し続けていたのです...

ご支援くださる方はクリック→