”確かに資本主義に代わる「新しい思想」求められているのかも知れないです…”



確かに極端な排外主義はダメですね。一方、移民(外国人労働者)の無制限の受け入れ拡大もダメだと思います。要はバランスの問題だと思います。


外国人労働者への依存は、賃金低下や治安悪化など日本国民に悪影響を与えるだけでなく、外国人も低賃金でしかも母国の家族に仕送りをするので苦しい生活を余儀なくされます。


私は、適度に移民(外国人労働者)の流入を制限し、日本の労働力不足は外国人労働者に依存せず、人材投資(日本人の賃金アップ)、設備投資、技術開発投資(ロボット等)、公共投資による生産性向上で補うとともに、日本を含めた先進諸国が途上国を支援し現地の人々が外国に行かなくても十分な所得を得られるようにしていくことが、日本国民と外国人双方の幸せにつながる道だと思います。


ぜひ、尾木ママのご意見をお聞かせ下さい。



言論ポータルサイト『進撃の庶民のブログ』は行...

ご支援くださる方はクリック→