伝統とは洗練された知恵である

今日は時間軸が極めて優秀に調整機能を果たし、バランスを取っていくという話を書きたいと思います。そしてこの時間軸とたゆまぬ努力によって調整され、洗練されたバランスこそが「伝統という知恵」だという結論に達することと思います。 毎度のことながら料理でこの時間軸というものの働きを見て、それを現在の政治に当てはめてみることから始めようと思います。 皆さん大好きなお鮨ですが、実は江戸時代の握り鮨というのは、おにぎり位も有る大きさだったというのも有名かと思います。画像の右から江戸時代、昭和初期、現在となっています。 握り鮨が考案された江戸時代というのは、殆どが屋台でファーストフードとして提供されていたようです。さっと食ってお勘定というものだったんだそうですね。そして当然ながら江戸時代には冷蔵庫なんてありゃしませんし、氷だって貴重だったので「一仕事したもの」、つまり保存が効...

ご支援くださる方はクリック→