出張ドタキャン、珍答弁連発…稲田防衛大臣の言動がどうにも不可解だ

こんな白紙領収書大臣が次期総理候補?へそ茶へそ茶。
出張ドタキャン、珍答弁連発…稲田防衛大臣の言動がどうにも不可解だ(半田滋)|現代ビジネス|講談社(1/3)
「涙の答弁」だけではない。相次ぐ重要案件のドタキャン、間違った答弁を連発…。稲田朋美防衛相の言動が、どうにも不可解だ。官僚たちも「腫れ物に触る」ように、彼女と接しているという。はたして、大臣としての自覚と資格があるのだろうか。過去30人以上の防衛相(長官)を取材してきた半田滋氏が、その実態をレポートする。 『稲田氏は薬効に合わせて一週間前に飲んだとみられ、防衛省幹部は「体調が悪そうだった」とかばうが、米国の水がよほど合っているのか、ワシントンDCではカーター国防長官と会ったほか、アーミテージ元国務副長官、IMFのラガルド専...

ご支援くださる方はクリック→