出産退職

母親の就業率は増加傾向…4歳児58.2%、中2生79.3%
厚生労働省は10月26日、平成13年出生児(中学2年生)と平成22年出生児(4歳6か月)を対象とした「21世紀出生児縦断調査」の結果を公表した。母親の就業率はいずれも増加傾向にあり、平成13年出生児で79.3%、平成22年出生児で58.2%であった。

「21世紀出生児縦断調査」は、平成13年生まれと平成22年生まれの調査対象児について、生活実態や経年変化の状況を継続的に観察し、両者を比較対照することで、少子化対策などの基礎資料を得ることが目的。≪続きを読む≫[アメーバニュース] 母親の就業状況がよくわかる調査です。平成22年出生児についての調査を詳しく見てみましょう。 出産1年前→半年後→1.5年後→2.5年後→3.5年後→4.5年後の変化です。常勤勤務者37.6→25.0→24.1→23.6→23....

ご支援くださる方はクリック→