第15回出生動向基本調査を読む8

国立社会保障・人口問題研究所の第15回出生動向基本調査の概要版を読んでいます。 今日は、「第II部夫婦調査の結果概要」の、「4.子育ての状況 」です。 昨日は「21世紀出生児縦断調査」の内容の一部をご紹介しましたが、今日も同じような内容で、妻が働いているかどうか、という調査結果です。 結婚を機に退職する女性は年々減っていて、2010〜2014年に結婚した女性のうち、結婚を機に退職したのは17%。就業を継続したのは73%です。 第1子出産前後を比べると、出産前から専業主婦の人が24%、出産退職が33%、就業継続が38%となっています。育休利用者が増えているようです。 出産後に就業している妻の割合は年々増加しており、正規・非正規を含めると過半数を超えているようです。 この他、保育施設の利用や祖父母の助けなどについての調査もあ...

ご支援くださる方はクリック→