マスコミの煽りに効果あり

今日はこんな記事です。 <高収入男子>恋愛に消極的でも「いつかは結婚」のなぜ 9月に発表された国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査2015年」によると、「いずれ結婚するつもり」と答えた未婚者の割合は、18~34歳の男性で85.7%、女性で89.3%でした。一方、異性の交際相手を持たない未婚者が男性で7割、女性で6割いるというデータも示されました。若者に「恋愛したい」より「結婚したい」という傾向が強く見られるのはなぜでしょうか。藤田結子・明治大教授(社会学)が読み解きます。 記事を読むと、「恋愛したい若者は減っているが結婚したい若者は増えている」という印象を持たせる感じですが、実際に出生動向基本調査を見ると、「恋愛したい若者」も「結婚したい若者」も減っています。前者のほうの減少幅が大きいので「恋愛より結婚」という人が多いのは間違っていないと思い...

ご支援くださる方はクリック→