藤井先生Facebookより


https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/892612537506357?pnref=story
『議院内閣制の政府はすなわち、国会で過半数を占める最大政党。 したがって、「政府が進める外交交渉」において取り決められた条約案件は、「与党での調整」が十分に図られている限りにおいて、国会を通過しないということは、現実的に考えてあり得ません。 もちろん、米国では、政府が決めたTPPが議会で否決される状況が続いていますが、それは、彼らが議院内閣制ではない大統領制だからなのです。 したがって「議院内閣制」の国家日本が、特定の条約案件に参加しない状況をつくるには、「交渉不参加」するか「交渉する過程で離脱する」かの二つに一つしかなかったのです。 そんな中、「交渉する過程で離脱する」事が諸外国との関係の中で困難である限りにおいて...

ご支援くださる方はクリック→