②富裕層による低所得者・貧困層に対するイジメ

②富裕層による低所得者・貧困層に対するイジメ ちなみに、銀行から借りて投資するという行為は誰でも出来ることですが、それを快く思わない勢力が存在します。それは富裕層と呼ばれる人たちです。投資の競争相手がいなくなれば、自分たちの持っている資金の価値が高まり(資本の希少性)、それによって、利益率を高めることが出来ます。富裕層は金本位制の下でハッピーな経験をしています。金本位制の下での投資においては、お金の発行量が制限されていて、銀行もうかつに信用創造できませんでしたから、富裕層の貨幣の貯蔵(貯蓄)にしかその当てがありませんでした。だから、資本の蓄積が必要ということで政府も資本の蓄積を支援していました。よって、古典派経済学の認識においては、貯蓄が重要となり、富裕層がお金を貯め込めば貯め込むほど、経済に良い影響が有ると考えられていました。まず、「富める者が富まずして、国の発展はあり得ない...

ご支援くださる方はクリック→