少子化が国難というならば

株式会社経世論研究所講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆『失業率と実質賃金(後編)①』三橋貴明AJER2017.9.26https://youtu.be/a-seRvhJg5s◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆月刊WiLL(ウィル)2017年11月号に連載「反撃の経済学なぜ日本の実質賃金は低迷しているのか?」が掲載されました。さて、総理は「国難」について北朝鮮危機と「少子化」であると説明しています。2016年の合計特殊出生率は1.44。2015年と比較すると、0.01ポイント低下しました。出生数も97万6979人と、戦後、初めて100万人を割ります。日本の少子化の主因は、文句なしで「婚姻率の低下」になります。1970年代は10前後だった婚姻率(人口千人当たりの婚姻件数...

ご支援くださる方はクリック→