①IS-LM分析批判

①IS-LM分析批判 IS-LM分析は、ジョン・ヒックス(イギリス・1904年4月8日~1989年5月20日)が、ケインズの「雇用・利子・貨幣の一般理論」の内容をグラフ化したものと言われていますが、真実は、ケインズ理論の新古典派による解釈の変更であり、むしろ、ケインズ理論の否定になっているほどです。ヒックスがIS-LM分析を発表したときに、ケインズはただちにヒックスに「あなたの言っていることは理解できない」という手紙を書いています。IS-LM分析とは、縦軸に利子率r、横軸に総所得Y(GDP)とするグラフ平面において、利子率rと総所得Yが相互に関数として影響し合う様子を説明しようとするものです。IS曲線は投資・貯蓄曲線のことで、財市場を表現し、つまり、政府が財政支出を行ったときに財市場の貨幣量であるマネーストックが増え、貨幣数量説のY=MVから、IS曲線上のどの点においてもYが上...

ご支援くださる方はクリック→