①IS-LM分析批判

①IS-LM分析批判 IS-LM分析は、ジョン・ヒックス(イギリス・1904年4月8日~1989年5月20日)が、ケインズの「雇用・利子・貨幣の一般理論」の内容をグラフ化したものと言われていますが、真実は、ケインズ理論の新古典派による解釈の変更であり、ケインズ理論の乗っ取りにすぎません。ヒックスがIS-LM分析を発表したときに、ケインズはただちにヒックスに「あなたの言っていることは理解できない」という手紙を書いています。IS-LM分析とは、縦軸に利子率r、横軸に総所得Y(GDPでも良い)とするグラフ平面において、利子率rと総所得Yが相互に関数として影響される様子を説明しようとするものですIS曲線は、総所得Yを外生変数とし、利子率rが総所得Yの関数となっています。何らかの理由による総所得Yの変化が、利子率にどういう影響を与え、再び総所得Yにどういう変化を与えるのかを予想するときに...

ご支援くださる方はクリック→