退化し続ける日本の政治-亡国の改革主義-

 >>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ常識的な大人の態度大人というものは我慢も覚えますし辛抱もします。トラブルに見舞われて自分にはどうしようもないときでも、じっと耐えて「どうすれば良いのか?」と思慮深く考えるものです。ハデなパフォーマンスはしないが、実直に努力する、努めるというのが常識的に「良し」とされる大人の態度だと思います。 では日本の政治はこの20年間どうであったか?これと真逆の態度、つまりは幼児性に満ちた我慢も辛抱もない、思慮深さのかけらもない態度であったといえます。とにかく「改革!」とハデな言説でパフォーマンスし、流言飛語の類ともとれる政策論を語り、それに大衆が飛びつくのですから、日本の国家そのものの空気が幼児性に満ちているのでしょう。退化の原因はプライマリーバランスにありそもそもの流言飛...

ご支援くださる方はクリック→