②クラウディングアウト効果は起こらない

②クラウディングアウト効果は起こらない IS-LM分析では金融機関は必ず信用創造を行う約束になっていて、金融制度の変化によって金融機関の行動がどう変わるかの方がよほど重大なのに、そういう制度的な枠組みは反映されていません。また、IS-LM分析における縦軸の金利rについても、金利rが上がっても、それ以上に投資の収益期待が高まれば、企業も投資し、銀行も融資します。投資は金利の関数になりません。したがって、総所得Yは金利rの関数になりません。常識で考えて見ても、政府が投資をして景気が上がっているときに、公的な金利が上がったからといって、投資を手控える企業が存在するとは思われません。現実世界では、景気が良くなっているときは、投資家は金利の上昇を何するものぞと投資を増大させ、むしろ景気は過熱する傾向にあります。通常、財政政策の常識としては、不景気な時には、第一に減税を行い、第二に公共投資を...

ご支援くださる方はクリック→