資本主義と税制~第四の役割について~

株式会社経世論研究所講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆『失業率と実質賃金(後編)①』三橋貴明AJER2017.9.26https://youtu.be/a-seRvhJg5s◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆改めて、税金の役割とは何でしょうか。わたくしは、税金の役割について、以下の三つで説明しています。●公共サービスの財源●所得再分配●景気の変動を抑制するビルトインスタビライザー(埋め込まれた安定化装置)無論、税金には公共インフラや社会保障、防衛、防災、防犯といった安全保障のための公共サービス支出のための「財源」という役割もあります。デフレ期には、政府は国債を発行し、公共サービスのために支出しても一向に構わないのですが、インフレ期に同じことをやると、さすがに「需要>...

ご支援くださる方はクリック→