③マンデル・フレミング理論は日本には妥当しない

③マンデル・フレミング理論は日本には妥当しない マンデル・フレミング現象とは、政府が積極的な財政政策を行うと、IS-LM分析に従って、GDPが増え、金利が上がり、高い利回りを求めて外国資本の流入が起こり、その際円買いが行われることによって円高になり、その結果貿易赤字になって景気回復にブレーキがかかるという理論です。マンデル・フレミングモデルは、IS-LM-BPモデルとも呼ばれます。IS-LM-BPモデルはIS-LMモデルに、国際収支を表すBP曲線を重ね合わせたものです。BP曲線は、国際収支を均衡させる総所得Yと利子率rの組み合わせが存在するという思想によって成り立ちます。BP曲線は、横軸の総所得Yが変動するときは、縦軸の利子率rが増加する右肩上がりの曲線になります。しかし、変動相場制で資本移動が自由なときは、利子率rが増加する間もなく円高となり国内に外国資本が流入するために、利...

ご支援くださる方はクリック→