「重力波の検出・・・ノーベル物理学賞の意味するもの」

本日は有閑爺い様の寄稿コラムです! 

人気ブログランキングへ
 老いの一徹:「重力波の検出・・・ノーベル物理学賞の意味するもの」
 日本の今は政治一色ですが、世界レベルではノーベル賞の話も大事です。

今年の物理学賞は重力波の検出に関連したものが選ばれました。重力波はアインシュタインが一般相対性理論の中で存在を理論的に予言したものであります。私などはこの種の書物を読むと中身が理解できず、本に書かれた字数を数えているに等しい状態になり、むなしい感じにとらわれます。

そんな訳が分からない中でかろうじて理解したことを述べると次の通りです。

アインシュタインは空間にはユークリッド幾何学的空間とリーマン幾何学的空間があることを知り、しかもこの宇宙にはユークリッド幾何学的空間は存在しない、と考えるに至ったのです。その結果生まれたのが質量とはエネ...

ご支援くださる方はクリック→