子育て支援公約比較

今日はこんなコラムです。 2017衆院選「子ども子育て」公約比較 「専門家から各党の少子化対策の公約への真っ当な批判がない」と何度か書いてきましたが、ぼちぼち出るようになってきたようです。 今日のコラムの著者は実際に保育園などを運営している人なので、ジャーナリストや研究者の範疇には入らないと思いますが、多くの情報発信をしている方です。 各党の公約を挙げ、それに対する批評をしています。 意見は概ね同意します。著者の要点は以下のようになると思います。・幼児教育無償化を掲げる党が多いが、待機児童問題が解決していない現状での無償化は意味がない・保育士の待遇改善を指摘している党が少ない・小規模保育・企業主導型保育・障害児保育・病児保育・一時保育など多様な保育形式の推進に賛成 著者の指摘を見ると、現場の見方と政治家の見方はかなり乖離があると感...

ご支援くださる方はクリック→