財源はどうする?

昨日は各党の子育て支援政策を比較するコラムをご紹介しました。 コラムでは全く触れられていなかったけど重要な点が一つあります。 それは財源をどうするかです。 どんなに優れた政策を提案しても、財源が確保できなければ何もできません。財源についての各党の公約を見てみたいと思います。 ・自民党「消費税率10%への引き上げに伴う増収分などを活用」し「2兆円規模」の財源を確保するとしています。・公明党「消費税の使途について、10%引き上げ時の財源の配分割合を変更し、教育の無償化等にも充当できるよう安定的な財源を確保します。」とあります。・希望の党「300兆円もの大企業の内部留保への課税なども検討し」「「ユリノミクス」による税収増、ワイズ・スペンディングによる財政支出の削減、国有資産の売却や政府系金融機関の廃止に伴う貸付金の回収等により、プライマリーバランスの改善...

ご支援くださる方はクリック→