希望を実現するための財源は無限

『解散総選挙で隠された「議論なしの経済政策変更」を見逃すな』(10/5DIAMONDonline中央大学法科大学院教授東京財団上席研究員森信茂樹)http://diamond.jp/articles/-/144668「大義なき突然の解散に続いて、小池新党騒ぎで政界は沸き立っている。(略)有権者そっちのけの選挙戦が始まろうとする状況で、安倍首相の衆院解散までの一連の動きを改めて振り返ると、日本の経済政策決定過程の不透明性が浮かび上がる。その象徴が、まったく議論がされないまま打ち出された消費税増税分の使途変更や、国際公約だった財政再建目標時期の先送りだ。(略)「2020年度のプライマリーバランスの黒字化」という財政再建目標は、これまでG7サミットなどで首相がコミットしてきたものだが、きちんとした数字の裏付けや議論、検証もないまま独断的に、日本がこれまで掲げてきた国際公約の先送りが決定された。(...

ご支援くださる方はクリック→