貨幣と債務と債権-中学生でもわかる財政破綻論の嘘(仮):一章

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ本日から8日間は、電子書籍としてアマゾンあたりに出そうかと思います内容です。2万文字程度の薄い本ですが、前から書き溜めた内容をそのまま掲載します。貨幣と債務と債権日本の財政論を語るにあたって何故か「貨幣とは何か?」という本質的な話が欠落していると感じるのは筆者だけでしょうか?経済にしても財政にしても、そしてそれらを含めた政治論を語るにしても貨幣とは何かをつかまずに語ることは不可能です。債務とはいわば借金であり、債権とはお金を貸すということですから、このお金というものの本質をつかまずして債務も債権も語れないのです。
 しかしながらじつは経済学でも貨幣論というのは長年無視をされ続けてきました。現在の主流な経済学は「新古典派経済学」「新自由主義経済学」などと呼ばれるもので、大学...

ご支援くださる方はクリック→