残業手当一律支給は効果ある?

今日はこんな記事です。 トヨタ自動車が新人事制度導入へ 全文引用します。 トヨタ自動車は入社10年目以降の社員を対象に、実際の残業時間に関係なく、毎月17万円を残業手当として一律に支給する制度を導入することを決めました。
新しい制度は14日、トヨタ労組の定期大会で採決され、入社10年目以降の主任職は本人が希望し承認されれば、実際の残業時間に関係なく17万円を支給されます。
これは、主任職の平均で残業手当45時間分にあたり、残業を少なくすればするほどメリットがある仕組みです。残業が45時間を超えた場合、手当は上乗せされます。
導入は今年12月の予定で、トヨタ自動車は「賃金は労働時間の対価であるという考えを払拭し、メリハリある働き方につなげたい」としています。 トヨタは、配偶者手当を子ども手当に切り替えたり、不妊治療休暇を作ったり、在宅勤務制度を作...

ご支援くださる方はクリック→