②インフレなき政府債務の拡大は格差拡大だけをもたらす

②インフレなき政府債務の拡大は格差拡大だけをもたらす インフレにもならず、そして、名目GDPが横ばいであるにも関わらず、政府債務が1000兆円、さらに2000兆円にも拡大することは、何やらそら恐ろしいものを感じますが、それでは、この恐ろしさの行きつく先にあるのは何かと言うことですが、それは格差の拡大です。この恐ろしさの行きつく先にあるのは、通貨発行権を持つ日本の場合、デフォルト(債務不履行)ではないことははみんな判っています。政府債務の拡大を防ぐのは、その反対の行為である政府債務の返済ですが、政府債務の返済とは金融緩和のことであり、金融緩和で起こることはインフレです。つまり、「格差の拡大」と「インフレ」は対極にあるものなのです。インフレが起こるためには、金融機関から中小企業への融資(信用創造)が行われる必要があります。しかし、日本では、担保の破壊(建物固定資産税の重税化による地...

ご支援くださる方はクリック→