①債務錯覚

①債務錯覚 ここでは、本当は債務ではないのに、債務と感じてしまうことを「債務錯覚」と呼ぶことにします。これは、政府債務だけに起こる現象です。 自治体(地方政府)の債務も「債務錯覚」に含まれます。なぜなら、自治体の財政破綻はデフォルトで起こりますが、自治体は本来中央政府の一部のはずであり、よって、中央政府がそれを理解し、地方交付金を渡すならばデフォルトは起こらないからです。自治体の財政破綻は、中央政府から、財政均衡という間違った方針で、通貨発行権による貨幣の交付を拒否されたからにすぎません。自治体の財政破綻は、中央政府が財政均衡路線をアピールするために、中央政府からデフォルトに追い込まれるのであって、特定の意図があってのもので、本来、あり得ないものです。企業や家計の債務は正真正銘の債務になります。なぜなら、企業や家計の債務は、物々交換のルールで、生産物をもって返済しなけ...

ご支援くださる方はクリック→