④当座預金付利子制度による信用創造の妨害

④当座預金付利子制度による信用創造の妨害 本来、金融緩和とは、中小企業融資をサボっている金融機関に、無理やり資金提供を行い、中小企業に融資させようとする政策です。金融機関としては、市場に良い投資先や融資先があれば、日銀に国債を売って、その資金を中小企業や国民に融資したほうが儲かるのですが、デフレ不況の時など、市場に良い投資先や融資先がない場合、金融機関は融資をしたがりません。そのようなときに、日銀は金融緩和を行うのですから、金融緩和は金融機関にとって迷惑なものです。金融機関は、金融緩和で民間投資が活発になると、融資のリスクは低くなるだろうとは思うのですが、そのためにはどこかの金融機関が先頭を切らなければなりません。そこが少し冒険になります。その金融機関を奮い立たせるために、政府は景気回復のための積極的な財政政策も共に行うという意志を示さなければならないのです。ところが、今の日本...

ご支援くださる方はクリック→