フェミニズムを相対化する

拙ブログにおいて以前にも紹介させていただきましたが、次のブログにおいては、フェミニズム※、あるいはリベラル派(フェミニストと重なることも多い)批判が展開されています。

※女性の社会的、政治的、経済的権利を男性と同等にし、女性の能力や役割の発展を目ざす主張および運動。女権拡張論。女性解放論。
(goo辞書より、http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/190718/m0u/)

直近ではこれ。
『リベラルが「1億総活躍社会」を批判する不思議』

こういった世論に反するような主張は繰り返し発信することが必要なのでしょうね。
アベノミクスの第一の矢である量的金融緩和は、単に日銀当座預金を積み上げているだけだという批判も同様です。
http://totb.hatenablog.com/entry/2015/09/29/205058

とは...

ご支援くださる方はクリック→