国立大学の学部再編を問う 「研究の遅滞と地域格差を招きかねない」 – 慶応塾生新聞


国立大学の学部再編を問う 「研究の遅滞と地域格差を招きかねない」 >>記事全文
慶応塾生新聞
バブル崩壊後に日本の終身雇用制度が崩れ、新自由主義的な制度改革が行われるようになると入社後に数年で退社する社員が増えた。これにより、それまでは新卒で一括採用を行い、職業教育を行っていた企業も技術や人材の流出を考えたとき、それまでのシステムが実益に ...

ご支援くださる方はクリック→