保育士の待遇はなぜ悪いのか

今日はこんな記事です。

保育士の給与はなぜ低いのか待機児童問題から考える

保育士の待遇が悪く、保育所を新たに作ろうとしても保育士が確保できないのが現状です。このことはこのブログでも何度も扱っていますが、今日紹介する記事は要点がうまくまとめられているので、ご紹介します。長い記事ですので、要点を箇条書きにします。

・保育士の有効求人倍率(求職者数に対する求人数の割合)は全国平均で2.18倍、東京都は5.13倍と高いが、人が足りていない
・保育士の賃金は月額20万7400円(2013年)で、全産業の月額平均29万5700円を大きく下回る。ちなみに幼稚園教員は21万9600円、小学校教員は33万1600円。
・認可保育所の場合、財源は基本的に公的な補助金と、親が払う保育料。保育料は公定価格で決まっているので、事業者側が勝手に定めることができない。基本的に、補助金か保育料を...

ご支援くださる方はクリック→