雇用・規制・補助金からの卒業

トヨタ自動車は、高速道路でハンドルやアクセルなどを操作しなくても走行できる自動運転車について、東京五輪が開催される2020年ごろの商品化を目指すと発表した。
まだ高速道路のみで、歩行者のいる一般道は先の話ではあるが、車の世界は確実に無人化に向けて進んでいる。
将来的には、無人のタクシーも出てくるだろう。
そうなれば、規制でタクシー業界を保護することもできなくなってくる。
他の業界についても同様で、
技術革新だけでなく、TPPによる競争もあり、
規制により特定の業界を保護することができなくなってきている。
雇用することや、規制や補助金によって特定の業界を保護することから卒業しなければいけない。
どれだけ抵抗しても、
技術革新とグローバル化には抵抗しきれない。
だが、ベーシック・インカムがあれば、これをチャンスにして、さらに飛躍することもできる。
日本人が、あらゆる分野で...

ご支援くださる方はクリック→