TPPへ 別の対抗措置

TPPには大反対だったが、政府が合意してしまったら仕方がない。実際に具体的な問題が発生するまでは、現実問題として、いくら騒いでも、どうにもならないだろう。もちろん、具体的に問題が発生した時は総攻撃のチャンスになる。しかし、そうでなければ正面突破は厳しい。

基本的にマスコミ総出でグローバリズムを推進しているような状況では戦う我々も不利。グローバリズムに反グローバリズムで戦うだけではなく、別方面から攻撃を仕掛けるわけです。そういうアイディアが一つあります。

たとえば「カネのちから」です。日銀が銀行貸し出しを増やすという方法(量的緩和)を行っているが、あれも「カネのちから」です。しかしそれはサプライサイド、つまり企業利益を中心としてカネの力を利用するものであり、だからこそ庶民には何の実感もないのです。

そうではなくて、カネの力で直接に消費を引き上げる、つまり「カネを刷って国民に給付する」というアプローチが求められるのです。バラマキは良くないというのは、マスコミや財務省の印象操作です。バラマキなくして内需拡大なしなのです。1人20万円の給付金です。これを3年続ける。そうなれば、消費税の増税の影響などふっとんでしまうでしょう。

TPPの実害を希釈する方法として、国民の内需を引き上げて購買力を強化することで相殺してやるわけです。景気が回復すれば、多少価格が高くても安心安全な日本のコメや牛肉が売れるはずです。バブルのころは、安物より高い商品を、ブランドを買い求めたものです。この20年の不況こそ、日本人を安物買いのしみったれにしてしまったのです(ちょっと飛躍してますが・・・)。

もちろん、資産家は給付金に大反対をすること間違いなし(オレの大切なカネの価値を棄損する気かぁ!)ですし、その代弁者たるマスコミも猛反対することは間違いありませんが。


このユーザーがいいねしています

  • コテヤン@どうやら管理人
  • holyfirework
  • jan2002

「TPPへ 別の対抗措置」のコメント一覧

  1. 1
    holyfirework 灯火  :

    これ、『年間』20万円なのかな?
    月2万弱で、そんなに変わるかな?
    せいぜい日々の安物輸入肉が月一で国産ブランド牛になるくらいで、ほとんど貯蓄に消えるだろうし、消費税の本当の怖さは、車や住宅といった、経済的に波及効果が大きい高価格の耐久消費財が売れなくなること。
    この規模では、その払拭は難しいかと。

  2. 2
    noranekoma のらねこま  :

    >>灯火さん

    コメントありがとうございます。

    >この規模では、その払拭は難しいかと。

    そうですよねー、自分もいくら位の金額だと良いのか迷うんですよね。そこで、参考までに灯火さんとしては、いくらだったら効果的だと思われますか?もちろん感覚でいいんです。一般的な感覚が是非知りたいので、お教えください。

    それと、たぶん「財源は?」という疑問をお持ちの方がおられるでしょうから、あらかじめ書きます。財源は通貨発行です。手法は日銀の国債引き受け、もしくは政府通貨です。たぶん後者は大騒ぎになって無理かもです。

    なお、給付金が貯蓄に消えても金融緩和と同じように、銀行の現金を増やしますから、マネタリーベースの増加になります。どうせ銀行に積むんなら、消費者を通した方が、消費に回る可能性はあると思うんです。

  3. 3
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    のらねこまさん、ご寄稿ありがとうございます!ヽ(=´▽`=)ノ
    (まさか寄稿いただけると思ってなかったのでびっくりです(驚)
    年間20万円だと2.6兆円の政府支出増加ですね。

    確か麻生政権時の一時給付金で消費性向0.6~7程度だったかと思いますの、1.5兆円程度が貯蓄に回らずに消費に回る気がします。
    (一時給付金と性格が違いますので、もしかしたらもう少し高くなったり、低くなったりするかも?)
    そう考えると3倍くらいは欲しいかなぁ…と思ったり。6万円/月。
    これくらいだと労働意欲も低下しないでしょうし、低所得層にはかなりありがたい話になりそうだと思ったりしますです。

    マネーストックとかマネタリーベースの議論はすっ飛ばした、なんとなく感覚的に…という感想ですがw

  4. 4
    holyfirework 灯火  :

    >>のらねこまさん

    御返事、ありがとうございます。
    金額の規模は目的による部分も大きいと思いますが、私見では、月額10万円、年間120万円が一つの目安かと。
    国債発行の日銀引き受けでも問題なく、数年間行える規模ですし、政府紙幣発行なら、更に大規模な財政出動を行えます。
    また、月額10万円あれば、給付金だけで新車を買うことが出来るレベルというのも、ポイントです。

    それと、給付金論議で良く聞く『ロウドウイヨクガー』というのは、ナンセンスですね。
    だって、稼げばもっと豊かになれるのですからw

  5. 5
    noranekoma のらねこま  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん

    コメントありがとうございます。

    麻生政権の時の消費性向のデータは知りませんでした。0.6~0.7もあったんですね、これは是非参考にさせていただきます。給付額としては月額6万円は欲しいというご意見ですね。労働意欲に関しては、月額6万円3年間で会社を辞めてしまう人はいないでしょうし、仮にいたとしても、その他の大勢の人の消費が増えればそれでいいのではないでしょうか。

    安倍政権としても、安保騒ぎで支持率低下して、TPPでも批判浴びてますからね。途上国経済もヤバくなってかなり危機的です。ここは一発、人気回復で派手に給付金ぶち上げというのは、可能性ゼロじゃないかもです。働きかけたいですね。

  6. 6
    noranekoma のらねこま  :

    >>灯火さん

    ご返信ありがとうございます。月額10万円、年間120万円ですか、いいですねー。日銀の量的緩和の規模と比較すれば少し大きいですが、なにせ200兆円刷ってもカネが回らないからデフレ逆戻りっすよ。年間120万円3年間やれば、景気回復してインフレになること間違いないです。なんでやらないんですかね。なにか圧力があるんでしょうか。

    そうですね、3年でローンを組めるんですね。これは長期給付の利点ですね。マスコミは「打つ手なし」なんて言って、まるで「カネ刷って配る」手法を無視してますけど、アメリカなんかじゃ、サマーズ氏が「ヘリマネを検討するしかないかも」なんてロイターの記事に書いたりして、オバマなんか議会が国債の増額を認めないと「1兆ドルコイン(政府通貨)やるぞこら」と言ったりしてます(いずれもかなり前)から。彼岸の差があります。

    労働意欲は、実際に給付金を配って怠け者が増え、結果として失業者が増えるという事例が出てから、検討しても遅くないですよね。おまけに給付は期間限定ですし。実際には失業者が減ると思うんですよ。

  7. 7
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>のらねこまさん
    >>5
    国会で聞いていたのでううろ覚えですが(汗
    民主党の子ども手当は確か消費性向0.4程度?だったかと。私はざっくりと
    「まぁ…間を取って0.5くらいになるのかなぁ?大体は…」と思ってます。

    >途上国経済もヤバくなってかなり危機的です。

    これがマズいですよね。
    発展途上国の経済って割りとアメリカ、中国に依存しているモデルが多いと思うのですが、アメリカがちょっと頑張ってますがが中国がもうガタガタになってますし。
    んでアメリカ自身も「アジアの国々はアメリカに輸出できるとは思わないことだ!」とか言っちゃってますしね…
    内需で日本はなんとかするしか無いの世界情勢から見てもは全く同意見で、公共事業でも給付でもいいのでまずは「政府支出を増やせ!」と思っちゃいますよね。
    ※私は公共事業派だったりしますが、この際重要なのは政府支出で需要拡大を今やらなくてどうするの?的なw

  8. 8
    holyfirework 灯火  :

    >>のらねこまさん

    日本でも、麻生政権時に政府紙幣発行を検討して話題になった時期があったんですよね。
    その時は、タイミングの悪い情報漏洩だったのか、麻生・与謝野・中川の三大臣が否定し、その後、政府紙幣発行の仕掛け人と言われた中川昭一大臣が死亡し、その話はなくなりました。

    安倍政権では麻生氏は財務相として、日々財務省の意向を刷り込まれているわけですから、もう無理じゃないかな?

  9. 9
    noranekoma のらねこま  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん

    なんと、子ども手当の消費性向もあったんですか、すばらしい。0.5ですか。う~ん、やっぱ、やるんならドンと出さないとダメか。というか、子ども手当は成果主義にすべきだと思うんですよ。3人目からドンど出す。おカネが欲しい人は3人目つくってね、成果主義よん。

    自分は公共事業とか、金融緩和とか、あまり限定しない方で「日本を支えるために効果があるならネコでも使え」という考えです。ネコ好きが多いので、ネコも経済効果があるかも知れません。ネコ総理とかやらんか。そういう無節操スタンスなんで、リフレ派と公共事業派が対立する現在の構図は頭が痛いんですよ・・・。なんとかならんかな。

    世界不況になれば外需が低迷するのは避けられないんですが、ご存じのように日本は内需とりわけ消費のウエイトがまだ高いですから給付金は効果あるはずですよね。ただし資源そのものは輸入頼みなので、外需が減ると貿易赤字になるかも、なんて思ったりします。しかし対外資産も外貨準備も腐るほどあるので、数年を乗り切れば先が見えますよ。そして、国内景気によって研究開発投資が維持されれば、その間も国際競争力は維持できるのではないかと。

    そもそも、日本が世界に進出した高度成長期も、内需で支えられた需要で得られた収益で研究開発を行い、海外に挑んだわけで(もちろん円安という最大の武器もあった)、外需がなければ「もう日本はダメ」なんて話じゃないと思うんです。ただし、今の時代は、例のグローバリスムの影響がかなり全身に侵食していると思いますけど、こいつが曲者なのではないかと。

  10. 10
    noranekoma のらねこま  :

    >>灯火さん

    おお、麻生総理の政府通貨の件をご存知でしたか。なんと中川氏がその仕掛け人とは知りませんでした。リンカーン、ケネディと同じく、やはり政府通貨の発行を実行しようとした人は殺される運命なんですねオソロシヤ。

    財務省に行くと、ロボットのようにみんな同じことを話すようになります。恐らく財務省には、脳にチップを埋め込む装置があると思いますw。財務省チップを埋め込まれるんです。よく調べた方が良いです。確かに財務省ロボットにはかないませんが、そこは首相のリーダーシップで、というか、大統領じゃないから無理か。本当にやったら、殺されるかもね。

  11. 11
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>のらねこまさん
    >リフレ派と公共事業派が対立する現在の構図は頭が痛いんですよ・・・。なんとかならんかな。

    私も無節操派ですw
    正直日本が良くなるなら学説とかは「う~ん…協力すればいいじゃない…なんで?」と思うのですが、リフレ派、公共事業派の対立があるみたいで(貴ブログでも読みました)私なんかは「あ~あ、各個撃破される流れやん?これ?」と思っちゃいます。

    >おカネが欲しい人は3人目つくってね、成果主義よん。

    私もこっちのほうが効果あるのでは?とか思っちゃいます。累進的に上げていくのが望ましいんじゃないかなと。

    >外需がなければ「もう日本はダメ」なんて話じゃないと思うんです。

    これは全くその通りで、高度成長期も一回たりとて輸出のGDPが2割を超えたことなんてなかったかと。(今は大体15%程度でしたか?数字弱いのですw)

    >>10
    >恐らく財務省には、脳にチップを埋め込む装置があると思いますw。

    フイタwwwwwwwお酒返して下さいwwwwwww
    (真顔)あれ何ででしょうね?麻生総理は1997年(消費税増税、省庁再編、デフレ突入)からの総理で数えても小渕総理に続く財政出動派だったのに…
    多分思うに現在の麻生大臣は副総理で、安倍政権を支える立場なのでそれでこうなってるのかなぁ?なんて思ったり。まぁ希望的観測ですが…

  12. 12
    noranekoma のらねこま  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん

    >私なんかは「あ~あ、各個撃破される流れやん?これ?」と思っちゃいます。

    おお、まさしくそれ感じますね、ほんと。そもそも日銀にカネを刷らせるのにどんだけ抵抗勢力が多かったことか。奴らはほくそ笑んでますよきっと。う~ん、カネ刷ったら、あとは使い方の違いだけじゃないですか。なんでそこで対立するかなー。銀行に積んで、公共事業に使って、給付金でまけばいいじゃん。偉い学者先生の考えは潔癖症すぎ(暴言)。

    >(真顔)あれ何ででしょうね?麻生総理は1997年(消費税増税、省庁再編、デフレ突入)からの総理で数えても小渕総理に続く財政出動派だったのに…

    信じられないですよね、私もそうなんです。だーかーらー、脳内チップなんです。それしか考えられません。民主党の菅だって、野田だって、財務省になったとたんに同じ事しかしゃべってません。個性が失われてます。オソロシヤ誰かチップの破壊電波を送信してくださいよ。あの日の麻生を返せw。

  13. 13
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>のらねこまさん
    >あとは使い方の違いだけじゃないですか。なんでそこで対立するかなー。銀行に積んで、公共事業に使って、給付金でまけばいいじゃん。偉い学者先生の考えは潔癖症すぎ(暴言)。

    これ全くその通りで、どの経路で政府支出するかだけなんですよね。
    んで何故か使い方でももめちゃう。いや…ぶっちゃけどっちもメインストリームにいないんだから…今くらいは呉越同舟してもよくない?とまじめに思います。
    なんでランチェスターとかクラウゼヴィッツとかの、戦術書、戦略書読んでないかなぁ…もう!とか思っちゃいますねw
    主張が正しいとしても、戦略、戦術を間違えれば各個分断されて意味ないジャーン…

    >信じられないですよね、私もそうなんです。だーかーらー、脳内チップなんです。

    う~ん…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
    本当に財務省の洗脳は強力ですね。
    そ~言えば内閣府の経済モデルはサプライサイドモデル(IMFに近い)で途上国に使うモデルだとか。
    藤井聡先生と宍戸駿太郎先生の対談で仰ってました。
    これ近々動画をデータベースに登録しないと。
    ソース
    https://www.youtube.com/watch?v=wLzxRPjr4S4
    動画45分あたりです。

    なんと内閣府のモデルですとお話によると公共事業の乗数効果は0.5になるそうですw
    さらに消費税の増税の影響は極めて軽微に見積もられるとか。
    財務省で言うと羅針盤が狂ってるのかなぁ?と思ったり。

  14. 14
    holyfirework 灯火  :

    ちなみに、私見では麻生氏はまだ、洗脳されてはいないと思います(希望込みw)
    麻生氏は負けん気の強い人ですし、中川氏の仇打ちしたい気持ちは小さくないでしょう。

    問題は、麻生氏にその気があるとしても、麻生氏を支える人材がいないことです。
    二階氏と西田氏くらいでしょうか。

  15. 15
    noranekoma のらねこま  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん

    動画情報ありがとうございます。あとで時間をみて視聴させていただきます。

    内閣府のモデルは途上国向けとのことですが、だから消費税の影響は軽微なんですね。なにしろ、途上国は供給力がまだ不十分で、慢性的にモノが不足している状態ですから、消費税が上がったとしても、モノに対する需要が落ちるはずありません。先進国の場合、すでに生活必需品は飽和してますから、あとは趣味娯楽教養スポーツなんて、必ずしも必要じゃない需要で経済が支えられてますから、増税すればたちどころに需要縮小です。

    つまり、官僚の頭は「途上国なみ」ってことで。物欲もみなぎっていそうだし(嫌味)。

  16. 16
    noranekoma のらねこま  :

    >>灯火さん

    >私見では麻生氏はまだ、洗脳されてはいないと思います(希望込みw)

    ほんと、希望込みですけど、そうあって欲しいです。再来年の増税に関する動きで、そのあたりがわかるのでしょうか。状況によりますが、景気が低迷している場合は再延期の話も出てくると思うので。

    自分は金融システムと経済システムに関しては、かなり考えたことがあるので、そこそこ話しできますが、政治に関しては、実は相当に疎いです。なので、今後も政治情報的な話をいろいろ教えていただけると、とても嬉しいです。

  17. 17
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>のらねこまさん
    >内閣府のモデルは途上国向けとのことですが、だから消費税の影響は軽微なんですね。

    あっ…気づいてなかったorz
    なるほど。確かにその通りです。

    >つまり、官僚の頭は「途上国なみ」ってことで。物欲もみなぎっていそうだし(嫌味)。

    えぇい、朝から休日なのでお酒を飲んでたらまたフイテしまったじゃないか!wwwwww
    こ~言う皮肉好きですわwしかも意味深www(オナカイタイ

    ・・・・あの~言葉を選ばずに言うと「AH」(アホ)が蔓延しているのかもしれないです。
    まともに、まっとうに考えたら「何でこうなった?」となりますもの…

  18. 18
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>灯火さん
    う~ん二階氏が強靭化計画押しですし、西田氏も押しです。
    麻生大臣も「本心では押している」と思いたいものです。

    ・・・支える人材は大事だと思いまして、それがいない状況というのも非常に苦渋だと思います。
    麻生大臣は足掻いているのか?それとも追従してしまうのか?わかりません。
    わかりませんが、私は麻生大臣結構好きなので注目したいと思います。

  19. 19
    noranekoma のらねこま  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん

    喜んでいただければ幸いです。イヤミあるいはブラックな表現は得意な方ですが、ただ、やり過ぎると雰囲気が悪くなるんで、なるべく控えてるんです。

    >まっとうに考えたら「何でこうなった?」となりますもの

    まったく同感です。AHという可能性もありますが、何か宗教的な信者の可能性もあります。財務教です。たとえばオウム真理教の信者に正常な判断を求めるのは不可能です。彼らも一流の大学を卒業していますが。もちろん、脳内チップの可能性もあり。・・うわ、やばいこと言っちまった。さすがにやりすぎだよね撤回。

  20. 20
    holyfirework 灯火  :

    >>のらねこまさん

    ありがとうございます。
    実は私も、色々なことを様々な面から分析しつつ勉強中なのですが、政治も経済も金融も、勉強すればするほど、政府紙幣のように陰謀論の世界に踏み入ることになるので、一般の人に対しては説得力や信用力が低くなるという欠点がw

  21. 21
    holyfirework 灯火  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん

    私にも、麻生氏の心中は分かりません。
    しかし、勝てない戦いは出来ないものです。
    麻生氏ほどの人なら、失うものは、さぞかし大きいでしょうから。

    臥薪嘗胆しつつ、機会を待っているのかもしれませんし、機会が訪れないかもしれませんし、諦めてしまうのかもしれません。

    ただ、二階氏や西田氏と比べると、政権担当の可能性がある分、過去の政策も合わせて考えると、支持する意味はあるかと。

  22. 22
    jan2002 花のヤン  :

    >>のらねこまさん
    >そういう無節操スタンスなんで、リフレ派と公共事業派が対立する現在の構図は頭が痛いんですよ・・・。なんとかならんかな。

    私もそう思っています。
    しかし、私の持つ印象では理論的な対立というより感情的な対立にしか見えませんが。

  23. 23
    noranekoma のらねこま  :

    >>灯火さん

    そうなんですか、私も陰謀論は重視する方なんです。というのも、世の中の真実は、実は表にまことしやかに出てくる事実だけで構成されているはずがないと思うからです。ですから仮説を含めたうえで検討しなければ、おそらく真実にたどり着くのは不可能ではないか、なんて考えたりします。科学というのも仮説検証ですから、アプローチとしては陰謀論の方が科学的かと(すこし飛躍してますが)。ですが証拠がなければ「断定」はできない点は肝に銘じてます。もちろん、とんでも陰謀論はあきらかに変ですけどね。

    ただし、おっしゃるように、そういう話をするとすぐ「あいつは陰謀論者だ」と決めつけられる危険あるので、ひそかに思ってるだけにしてますw。

  24. 24
    noranekoma のらねこま  :

    >>花のヤンさん

    >しかし、私の持つ印象では理論的な対立というより感情的な対立にしか見えませんが。

    おおお、これ、ずばり的中じゃないですか。確かに思い出してみると、あきらかに顔に感情が出てますよね。感情強すぎて髪の毛がなくなってる人もいるし(暴言)。うへ~偉い先生のくせにレベル低いっすね。ダメだこりゃです。天下国家を変えようって大義を持つ人間なら、もっと大きな器じゃなきゃだめですよね。

  25. 25
    jan2002 花のヤン  :

    >>のらねこまさん
    >ただし、おっしゃるように、そういう話をするとすぐ「あいつは陰謀論者だ」と決めつけられる危険あるので、ひそかに思ってるだけにしてますw。

    実は私も陰謀論が大好きです。
    もともと動機を重視する考え方なので陰謀論の方がしっくりくることが多いのです。
    ただし、あまりにも荒唐無稽な説には同意しかねますが。

  26. 26
    jan2002 花のヤン  :

    >>のらねこまさん
    >確かに思い出してみると、あきらかに顔に感情が出てますよね。

    そう言われてもピンとくる人がいないのですが。
    まあ、そうした感情的な手合については私は相手にせず、理論の話にしか相手にしないようにしていますね。

    そういえば言い忘れてましたが、私はここの界隈では少数派のインフレターゲット論者です。

  27. 27
    noranekoma のらねこま  :

    >>花のヤンさん

    >そう言われてもピンとくる人がいないのですが。

    う~ん、これって髪の毛の無くなっている人という表現につながる導入表現なので勘弁してね。
    こういうノリはお嫌いでしょうか。

    >ここの界隈では少数派のインフレターゲット論者

    私は無節操派なので、リフレ理論も受け入れてます。ただし金融緩和の副作用もあるので、安倍政権にはその対策をもっと同時にやって欲しいなーと思ってます。この点はマスコミに対しても同様の感想を持ってまして、仮に副作用を指摘するメディアは多いけど、対策の話はあんまり聞かないです。

    たとえば、先日ロイターの記事によれば、金融庁が財務省に出した税制改革に関する要望として、税額を計算する場合に株式譲渡益を損益通算に組み入れる要望があったそうです。現在は分離課税なので、損益通算はキャピタルゲインに対する事実上の課税強化です。株バブルの抑制や格差是正に一定の効果が期待できます。これって、かなり大胆な税制改革なんですが、ロイター以外では記事を見かけませんでしたし、なんの騒ぎにもなってません。野党も無反応。ほんと不思議です。クリントン次期大統領候補もキャピタルゲイン課税に言及してるのに。

  28. 28
    jan2002 花のヤン  :

    >>のらねこまさん
    >う~ん、これって髪の毛の無くなっている人という表現につながる導入表現なので勘弁してね。
    >こういうノリはお嫌いでしょうか。

    すみません、嫌いというわけではなく、私が冗談だとは気づかなかっただけのことです。
    ハゲで感情的でかつ著名なインフレターゲット論者がいるのかなと思ったわけです。

    >ただし金融緩和の副作用もあるので、安倍政権にはその対策をもっと同時にやって欲しいなーと思ってます。

    安倍政権については私も同じような意見です。
    これこそが安倍政権やアベノミクスの限界ではないでしょうか。

    >この点はマスコミに対しても同様の感想を持ってまして、仮に副作用を指摘するメディアは多いけど、対策の話はあんまり聞かないです。

    やはり、ことなかれ主義なのでしょうね。
    安倍政権以前は毎日新聞辺りが財政政策やゼロ金利政策を批判していましたが、安倍政権になってからはそうした主張すら見かけなくなったような気がします。
    以前は毎日新聞や朝日新聞の経済素人社説には閉口していたのですが、こうなってしまうと危機感を感じています。

    >たとえば、先日ロイターの記事によれば、金融庁が財務省に出した税制改革に関する要望として、税額を計算する場合に株式譲渡益を損益通算に組み入れる要望があったそうです。
    >これって、かなり大胆な税制改革なんですが、ロイター以外では記事を見かけませんでしたし、なんの騒ぎにもなってません。

    たしかに、これは大きな税制改革になりますね。
    実現可能性が高いのであれば話題性も大きくなるのでしょうが、そこの辺りが扱いの大きさの基準なのかもしれません。
    しかし、私はこの案は実現すべきだと思います。

  29. 29
    noranekoma のらねこま  :

    >>花のヤンさん

    ご丁寧な返信ありがとうございます。

    >実現可能性が高いのであれば話題性も大きくなるのでしょうが、

    確かにそれありますよね。でも、こういう話題を目ざとく見つけてドンドンアピールするのがマスコミの常套手段ですし、もし本気で「格差が問題だ」と思うんだったら、金融庁のような政府内部の話は絶好の材料のはずです。でも、食付かないということは、

    >やはり、ことなかれ主義なのでしょうね。

    まさにコレだと思います。徴税権は財務省の縄張りですからね、くわばら。