私は自由時間のプロなんです

あなたにとって、引退の日または失業した日は、自由時間をキャリアとみなす日だ。
この新しいキャリアの報酬は、満足、自己実現、そして意味のある目標の達成。
仕事に就いていないからといって、自分に価値がないなどと思う必要はない。あなたは仕事がない状態をうまく処理することによって、社会に大きな貢献をしているのだ。
自由時間をキャリアにするという概念は、友人や知人の従来の価値観に反するだろう。あなたに対する否定的な意見は無視すること。
その人たちは、仕事をしていなければ、社会に貢献していないと思いこんでいるのだ。
こういう意見は、視野が狭い人々から発せられる。その根拠は、あなたの人生とは何の関係もなく、見当違いであることを忘れてはいけない。
私は長い間、職に就いていないが、その間に、生計を立てるためにどうしているか何度も聞かれた。
私はこう答えたものだ。
「別に何も。今は裕福すぎて...

ご支援くださる方はクリック→