自民党の変貌―ハトとタカの相克はなぜ終焉したか(その2) – BLOGOS


自民党の変貌―ハトとタカの相克はなぜ終焉したか(その2) >>記事全文
BLOGOS
福田首相を除いていずれも長期政権を維持したのは、時には米国の要求を値切る保守本流より軍事大国化を志向する傍流の方が米国にとって都合が良かったからであり、右傾化を強める社会意識の変化に適合し、新自由主義的改革路線によって従来の保守支配の構造を打破 ...

ご支援くださる方はクリック→