京都府少子化要因実態調査4

昨日の続きです。京都府少子化要因実態調査の要旨をご紹介しています。

今日紹介する部分では、これまで紹介してきた調査結果をふまえて、何が問題になっているかを整理しています。地域によって事情が異なり、整理されています。以下引用です。

○都市的要素が強い地域で合計特殊出生率が低い上に社会移動も転出超過の地域
・結婚行動及び出生行動の両方、若しくは一方が全国平均よりも低い。
・社会移動については、結婚・出産・子育て年代で転出超過になる地域も転入超過となる地域もあるが、社会移動全体では転出超過となっている。

○都市的要素が強い地域で合計特殊出生率は比較的高く社会移動も転入超過である地域
・結婚行動及び出産行動は全国平均よりも高いところも低いところもある。
・社会移動については、結婚・出産・子育て年代で転入超過となり、社会移動全体でも転入超過でもある。

○地方的要素が...

ご支援くださる方はクリック→