自分自身の自由と他人の自由を認める

ベーシック・インカムがある世の中とは、
自分自身が自由にやりたいことをやる世の中である。
しかし、自分が自由に生きるためには、
他人の自由も認めなければいけない。
自分で自由に生きることも簡単なことではないが、他人の自由を認めることも簡単ではない。
毎日遅くまで仕事ばかりしている人にとっては、
働かずにベーシック・インカムだけで生活している人を許せないかもしれない。
普通に結婚して、子どもを産み、育ててきた両親にとっては、
子どもがいつまでも独身でいることを認められないかもしれない。
ベーシック・インカムのある自由な世の中では、
「~しなければいけない」「~すべき」というものはない。
やりたいからやるだけ。
それでも世の中がきちんと成り立つのがベーシック・インカムのある世の中である。
ベーシック・インカムに反対する人は、
そんなことしたら世の中は成り立たないと...

ご支援くださる方はクリック→