まずは自分がやったことの事後検証をしようよ?

今日はこんな記事です。

地方創生事業の使途検証を=継続判断に影響―財政審

全文引用します。

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は30日、財政制度分科会を開き、地方自治体予算の在り方について議論した。
財務省は、地方創生の取り組みを後押しする「まち・ひと・しごと創生事業費」(2015年度予算1兆円)の使途の事後検証を総務省に求めるべきだと主張。委員からは支持する声が相次いだ。
まち・ひと・しごと創生事業費は、経費を積算せずに一括で歳出枠を確保する「枠計上」を行っている。枠計上では制度上、使途を制限することはできないが、財務省は、国の厳しい財政事情を踏まえれば説明責任を果たす必要があるとの考えだ。
創生事業費は、自治体全体の歳出入見通しをまとめた地方財政計画に15年度予算で初めて計上。所管する内閣官房は5年間の継続と予算規模の維持を求めているが、財務省は使途を事後検証...

ご支援くださる方はクリック→