TPP、衆院通過は4日以降=与党、会期延長検討へ

野党に対して「ここまで譲歩した」というアリバイ作りに入ったようです。http://www.jiji.com/jc/article?k=2016103100770&g=eco
JIJI.com『与党は環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案の11月1日の衆院通過を断念した。野党の合意が得られないためで、同4日の衆院通過に全力を挙げる。同30日までの会期内に自然承認となる期限を過ぎるため、政府・与党は会期延長の検討に入る。
(中略)
条約案は衆院通過後、30日以内に参院が議決しない場合、憲法の規定により自然承認される。自民党の二階俊博幹事長は31日の記者会見で「延長はまだ考えていない」と語ったが、政府・与党は会期を延長し、関連法案と併せて今国会での成立を確実にしたい考えだ。延長幅に関して政府・与党内では、12月上旬までの10日間程度とする案や、年末までの大幅延長案...

ご支援くださる方はクリック→