公開討論で争点明確化を

住民生活に大きく影響する地方議会や首長選挙において、政策論争を活発にして争点を明確化し、住民の関心を高め、より良い地方政治を実現するための提案を愛媛新聞の投書係に送ったのですが、愛媛新聞の選挙報道に対する批判が含まれていたためか、不採用になりました。愛媛新聞は、より良い地方政治の実現より自社の保身を優先したようです。そこで、本ブログに原稿を掲載し、多くの方にご覧いただきたいと思います。


「公開討論で争点明確化を」

東温市の市議・市長選挙が終わったが、いまいち盛り上がりに欠けた選挙戦だった。期間中は、街宣車での候補者名の大音量での連呼や、各家庭へのハガキの送付が行われたのみで、有権者に争点が十分示されなかったように思う。
これでは選挙の体をなしているとは到底いえないのではないだろうか。当選された市長と市議のみなさんにはまず、今回の選挙の反省を踏まえた改善策に取り組んでほし...

ご支援くださる方はクリック→