”普通の先生がいる普通の学校がほしい!”



4日に衆院特別委員会で可決したTPPの第二十五章の「規制の整合性」が適用されれば、日本の教育制度も企業や投資家の利益のための規制緩和を迫られ、学校も子ども達のためのものではなく、金儲けの道具にされてしまうでしょう。


子ども達のことを第一に考えているはずの尾木ママがTPPに全く反対しないのはとても不思議です。まさか、TPPに反対してメディアに出られなくなって収入が減ることを恐れて、尾木ママがTPPへの言及を避けているわけでは無いと思いますが・・・。


言論ポータルサイト『進撃の庶民のブログ』は行き過ぎたグローバリズムなどに警鐘を鳴らすブロガー支援目的のサイト



・【新世紀のビッグブラザーへ~三橋貴明様】
政治経済ブログランキング一位!経世済民・反新自由主義を学ぶブログ!


http://anti-neoliberalism.top/

反グ...

ご支援くださる方はクリック→