移民でも間に合わない

今日はこんなインタビューです。 人口減はフリーフォール、2060年には3分の2に/森田朗国立社会保障・人口問題研究所長に聞く 特に新しい情報があるというわけではありませんが、2060年に人口がどうなるのか知りたい方には良い記事だと思います。 乱暴に要約してみましょう。・2060年には人口は(今の1億2千万人から)8500万人まで減る。・2110年にはさらに半分の4300万人まで減る。・2060年に産まれてくる子供の数は、18万〜33万人(今はだいたい100万人)。・2060年には、生産人口と非生産人口の数がおおよそ釣り合う→社会保障が大きな負担になる。・いずれ、老人施設に入れない「待機老人問題」が深刻化する。・1年に100万人減るような状況では、移民では間に合わない。ということです。 移民でも間に合わない、という意見は重要ですね。 人口が減...

ご支援くださる方はクリック→