憎悪を生んだ真犯人

アメリカ大統領選挙の結果は、事前の予想を覆しトランプ氏の圧勝に終わった。
現時点の選挙人獲得数は、トランプ氏290・クリントン氏232と大差がついた。
単純な得票数では、クリントン氏の方が僅かに上回ったようだが、獲得選挙人数では惨敗と言える。今回の結果を受けて筆者の感想や想いは次のとおりだ。
・欧米のバカマスコミは、冷静な分析よりも願望を優先させがちであり、彼らの選挙予想はまったく当てにならない。
・トランプ氏のひととなりがよく判らぬ現段階での過剰な期待は控えたい。
・氏が公約に掲げた「アメリカ・ファーストの原則」、「TPPからの脱退と関税率の引き上げ」、「行き過ぎたグローバリズムの是正」、「野放図な移民の制限」は、ぜひ実行に移してもらいたいが、「政府支出の無駄削減」や「法人税率引き下げ」はやるべきではない。
・日本は、トランプ氏の出方に右往左往するのではなく、...

ご支援くださる方はクリック→