トランプ大統領とナショナリズム

今日はトランプ大統領誕生の下地ととしてどのような構造があったのか?そしてその構造を解き明かすことこそ、今後のアメリカや国際情勢を占う上で重要な要素だと思います。ひいては「日本が今後どうしてくべきか?」という問にまで発展するかと思います。 トランプ大統領誕生の構造ですが、まずいちばん大きな要素としてグローバリズムの害毒が上げられるかと思います。ここでピケティやダニ・ロドリックを出して詳しく論じると、少々長くなってしまうので端的に書きます。グローバリズムとは本質的に格差の拡大と民主主義、国家主権の破壊をもたらすものです。そしてそれは政治的、経済的なエスタブリッシュメント(支配層)を作り出し、マスメディアも彼らがクライアントなので、エスタブリッシュメント色に染まっていくというわけです。要するに金持ちがマスメディアを使って、心地よい言葉で世論を操作する構造ができあがるわけですね。「多文化...

ご支援くださる方はクリック→