村上春樹、よしもとばなな…人気小説に登場する「ゲイ」「オネエキャラ」から見えるものとは? – ダ・ヴィンチニュース


ダ・ヴィンチニュース >>記事全文

村上春樹、よしもとばなな…人気小説に登場する「ゲイ」「オネエキャラ」から見えるものとは? >>記事全文
ダ・ヴィンチニュース
黒岩氏によれば、「偶然の旅人」が書かれた2005年は、郵政民営化を推進させた小泉政権によって、欧米より一足遅れてやってきた「ネオリベラリズム(新自由主義)」が日本で開花し始めた年にあたるそうだ。これ以降、グローバル化、フレキシビリティ、ダイバーシティ(多様性) ...

ご支援くださる方はクリック→